中百舌鳥にある日曜も診療の松井歯科 矯正歯科について

顎顔面矯正

近年、食の欧米化が進むことで軟食傾向にあり、「噛む」回数が激減していると言われています。
これにより、顎の発達が未熟なお子様が増加し、歯並びが悪くなったり、顎の関節が弱くなり、気道が狭い、といった症状が多くみられるようになってきました。
そこで、お子様の成長に合わせて「顎顔面矯正」という矯正方法を当院では実施しています。

従来の矯正(床矯正・ブラケット矯正)

従来のワイヤー・床装置で歯を動かしていく矯正。「歯」を診る矯正で、見た目の美しさを追求。

RME矯正 顎の骨を広げ、歯を本来の正しい位置へ導く

「顔全体」を診る矯正で、顎の骨から健全な状態に誘導し、美しい歯並びと健康な体を追求。
RME矯正とは歯に無理な負担をかけずに、顎骨全体の成長を促し、健康な体と美しい歯並びを作っていく治療法です。特に、歯の交換期(5歳~9歳)は、咬み合わせを自ら完成させる能力を秘めている時期であり、この時期にRME矯正を始めることで、歯を痛めることもなく矯正後の後戻りしないのが特徴です。


上顎
下顎

「顎の発達が未熟=正しく歯を並べるスペースが少ない」という問題に対して、顎の骨全体を矯正するものです。上顎の骨は左右2枚の骨からできており、その間には正中縫合と呼ばれるつなぎ目があります。そのつなぎ目を拡大装置を用いて徐々に広げていく矯正治療です。お子様の成長過程で骨を広げる事で、つなぎ目に骨が形成され、結果的に「正しく歯を並べるスペース」を確保する事が出来ます。

RME矯正の利点、欠点について

利点

顎の骨が広がると…

  • 歯並びが良くなる
  • 床矯正やブラケット矯正にありがちな、歯の後戻りがほとんど見られない
  • 矯正治療の為の抜歯の必要がほとんどない
  • 鼻から取り込む酸素が増える事で、身長が伸びるなど、健康な発育が期待できる
  • 鼻呼吸になる事で、鼻づまりやぜんそく、いびきの軽減につながり、花粉症やアトピー性皮膚炎の改善にも効果があるという報告もある

欠点

  • 適応年齢が限られる。

こんな症状はありませんか?

  • 歯並びが悪い
  • 寝ているとき、口が開いている
  • いびきをかく
  • いつも、ポーっとして口を開けている
  • 姿勢が悪い:前頭位、猫背
  • 寝相が悪い
  • 鼻や耳が悪く耳鼻科の通院をしている
  • 唇が荒れたり切れたりしやすい
  • 風邪を引きやすい
  • 扁桃腺が腫れやすい
  • おしゃぶりがとれない
  • 落ち着きがない
  • おねしょがなかなか治らない
  • アトピー性皮膚炎のような肌をしている
  • 喘息がある
  • アレルギーがひどい

以上の症状は上顎の成長不足が原因で起こる可能性があります

お子さんやお孫さんは大丈夫でしょうか?該当するものがあれば一度当院までご相談下さいませ。


部分矯正

部分的な矯正治療で美しい歯並びに

「前歯の歯並びだけが気になる」「ちょっとした前歯の凹凸や隙間を治したい」という方にオススメなのが、部分矯正です。患者さんの歯並びの状態によっては2~3本の歯だけの部分矯正だけで、大きく口元の印象が改善されます。

部分矯正の利点、欠点について

利点

  • 気になる部分だけ整えられる。
  • 比較的短期間での治療が可能(半年~1年前後)。
  • 成人矯正に比べて安価。

欠点

  • 症例によっては出来ない場合がある。

部分矯正はこんな方におすすめ

  • 前歯のみの歯並びが気になる方
  • 歯の脱落後、隣の歯が倒れてしまった方
  • できるだけ早く矯正治療を終わらせたい方
  • 矯正治療費をできるだけ安く抑えたい方

ミニスクリューインプラントで歯の傾斜を改善させた症例


成人矯正

成人矯正とは部分矯正とは異なり歯全体にブラッケットという装置を歯面に付け、歯を理想的な位置に移動させ美しい歯並びを作る治療法です。また、理想的な咬み合わせを作ることで、咀嚼機能の向上や、虫歯、歯周病になりにくい口腔内へ導くことができます。部分矯正に比べると移動させる歯の本数が多いため治療期間は1年~3年前後かかります。

成人矯正の利点、欠点について

利点

  • 成長期以降であれば、年齢に関わらず治療が可能。
  • 成長期の治療に比べると歯の移動速度が遅いため矯正治療計画を立てやすい。

欠点

  • 治療終了後、永久固定が必要。
  • 症例によっては抜歯が必要。

上顎前歯の歯並びが悪く、2本抜歯をして見た目と咬み合わせを改善した症例


成人矯正